埋没毛にならないムダ毛処理のやり方って?

埋没毛に悩む女性

ムダ毛を自己処理した後にできやすい「埋没毛」。見た目や肌触りがブツブツ、ザラザラするだけでなく、肌が炎症してしまうこともある厄介な存在ですよね。

埋没毛を予防する一番の方法は脱毛してしまうことですが、脱毛できない何らかの理由があってしぶしぶ自己処理を続けている人もいるはず。

そこで今回は、すぐにできる埋没毛にならないムダ毛処理のやり方 を解説。埋没毛の原因や私の経験・知識から考えると、ポイントは次の2つになります。

  • 毛を抜かない
  • 肌を傷つけない

以下で詳しく確認していきましょう。

スポンサーリンク

埋没毛にならないためには

埋没毛って何?

始めに知っておきたい埋没毛の原因

埋没毛とは、皮膚の下に埋もれた状態で生えてしまった毛のこと。埋没毛は、ムダ毛を抜いたり、肌を傷つける自己処理が原因です。毛穴がふさがる、または傷にできたかさぶたがフタとなるため、毛は出口を無くし、皮膚の下で成長することに。以上の原因から考え、埋没毛にならないためには、自己処理時に「毛を抜かない」「肌を傷つけない」ことが大切になります。

毛を抜くのは絶対ダメ!

ムダ毛の自己処理の方法はいろいろですが、毛を抜くタイプのものは考えもの。特に、埋没毛が繰り返しできている部分には絶対NGです。カミソリや除毛クリームより効果が持続するのは確かにメリットですが、裏を返せば、毛穴がふさがるのに十分な時間を与えてることになります。以下のムダ毛処理は今すぐやめましょう。

毛抜き

1本1本抜くので時間がかかるだけでなく、毛抜きの先端で毛穴や肌を傷つけてしまうことも。埋没毛うんぬん以前に、絶対避けるべき処理方法。

ワックス脱毛

埋没毛ができやすい部位の使用はNGです。大切なイベントやデートの前にどうしても綺麗にしたいという場合は、アフターケアもしっかりしたサロンで脱毛してもらって。

カミソリは肌を傷つけないで!

手軽にできるカミソリ処理にも埋没毛のリスクが潜んでいるので要注意です。間違ったカミソリ処理のやり方は、肌を傷つけるリスクが大。傷口にできるかさぶたがフタとなり、出口を失った埋没毛を生んでしまいます。カミソリを使う場合は、以下に気をつけましょう。

逆剃り

毛が生える流れに逆らって剃る方法。毛に引っかりやすいので、毛穴を傷つけてしまうことが多い。

深剃り

力が入りすぎたり、肌がふやけすぎると起きやすい。毛が表面に出るまで時間がかかるため、その間に毛穴がふさがってしまう。

電気シェーバーや除毛クリームがおすすめ

埋没毛が繰り返しできる部位は、電気シェーバーでの処理がおすすめ。電気シェーバーなら刃が直接触れることがないので、肌を傷つけずにムダ毛を処理できます。どうしても浅剃りにはなってしまいますが埋没毛のリスクは避けられます。

また、除毛クリームを使った処理もおすすめです。肌の表面にある毛を溶かすだけなので、毛が埋もれる心配がありません。カミソリや電気シェーバーを使った処理と違い、毛先が尖らないので、次の日にチクチクと不快な思いをしないのもGOOD。

まとめ

埋没毛は見た目や肌触りが悪くなるだけでなく、炎症や色素沈着を引き起こすリスクもあります。ワキやVライン、脚(太もも〜ふくらはぎ)といった部位は埋没毛ができやすいので、ムダ毛を自己処理する際は以下のポイントを思い出してください。

  • 毛を抜くのは絶対にNG
  • 肌を傷つける剃り方をしない
  • 電気シェーバーや除毛クリームが安全

また、埋没毛の一番の対策方法はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛してしまうことです。電気シェーバーや除毛クリームが安全といっても、肌へ少しずつ負担をかけ続けることになるので、5年後10年後の肌を考えるとできるだけ早めに脱毛しておくのがベストです。

このページについて

ブツブツ・ザラザラ、放っておけば炎症・色素沈着を引き起こす「埋没毛」。間違ったムダ毛処理を正して、埋没毛ができるリスクを減らしましょう。

名古屋の脱毛サロン検索

最寄駅から探す

掲載中の脱毛サロン

名古屋のミュゼ 名古屋のキレイモ 名古屋の銀座カラー 名古屋の脱毛ラボ TBC 名古屋のエピレ 名古屋のエタラビ 名古屋のディオーネ 名古屋のジェイエステ 名古屋のシースリー 名古屋のレイビス 名古屋のラ・ヴォーグ 名古屋のコロリー
Page top icon
消費者金融 審査